HOME > 診療案内

虫歯治療

診療案内
「できるだけ痛くない治療」を、もっと痛くなく

以前は歯科医院での治療は痛くてつらいものだというイメージがありましたが、現在はほとんどの歯科医院で表面麻酔や電動注射器によって、「できるだけ痛くない治療」を実現しています。しかし、それでも電動注射器を刺す際に多少の痛みはあるため、依然として歯の治療に積極的になれない方がいらっしゃいました。

そこで当院が導入しているのが「三段階式麻酔」です。
通常は、表面麻酔をした後に電動注射器によって麻酔を打つのですが、三段階式麻酔では、表面麻酔の後に、蚊の針と同じ直径の無針注射器で麻酔をして、最後に電動注射器で麻酔をします。無針注射器で一度粘膜を貫通させて中に麻酔液を入れるため、電動注射器を刺すときの痛みもほとんどなくすことができるようになりました。

●通常の「できるだけ痛くない麻酔」
 表面麻酔→電動注射器

●当院の「三段階式麻酔」
 表面麻酔→無針注射器→電動麻酔器

当院の三段階式麻酔をを受けられた患者さんには、一例としてこのようなお声を頂いております。
 

 

「見える治療」「見せる治療」
見える治療・見せる治療

虫歯治療を行う際は、治療前と治療後に口腔内写真を撮ってお見せするようにしています。そうすることによって、ご自分のお口の中の様子をきちんと把握して頂くことができ、さらに治療に対する安心感や満足感にも繋がります。

ただお口を開けているだけで何をされているのかわからない。そんなことにならないよう、当院はしっかりと「見える治療」「見せる治療」を行っていきます。


ドックベストセメント
ドックスベストセメント

通常、虫歯の治療では、虫歯になっているところを全て削り取り、そこに詰め物や被せ物をすることになります。
その際、神経にまで虫歯が達していると「神経を取り除いてしまうか、残すか」ということが問題になっていました。
そんな時に有効なのがドックベストセメントです。これは、神経とその周りの虫歯を少し残したまま、殺菌作用の強いセメントを詰めて除菌させるという治療方法で、実際にかなりの高確率で歯を抜かずに残せておけるという実績が出ています。

虫歯になってしまったが、できるだけ歯を抜きたくないという方には、お勧めの治療方法です。