スタッフブログ

2016年9月20日 火曜日

小児の虫歯になりにくいお口



こんばんは!
東葉デンタルオフィス
歯科衛生士のfです!


今日は小児の虫歯になりにくい
お口にするには、、、

で、ワンポイントアドバイスです!


赤ちゃんのお口は皆最初は無菌状態です。
そこからお母さん、お父さんなどと
スキンシップをすることにより
お母さんお父さんのお口にいる細菌が
赤ちゃんのお口に移行します。
これを垂直感染と言います。

この垂直感染した細菌が
約3歳ぐらいでお口に定着します。


それにより、虫歯になるかなりにくくなるか
大きく分かれます。

できるだけ、口移しやふーふーして食べ物を
与えないなど、をすると細菌の移行が減り
虫歯になりにくいお口になります。

プラス

食べ物をよく噛ませて、
唾液を分泌させる事により
唾液の中に含まれる抗菌作用や自浄作用で
虫歯菌を減らしてくれます。
そして顎の発達にも関わりますので、

できるだけ、
垂直感染を防ぎよく噛ませてご飯を
食べさせるようにしてみて下さい(^_^)



では!




このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録

投稿者 医療法人社団誠悠会 東葉デンタルオフィス

カレンダー

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30