スタッフブログ

2016年12月27日 火曜日

歯科に関する豆知識★「歯」という漢字の成り立ち!

みなさんこんにちは!
東葉デンタルオフィス、スタッフのTです\( ˙˙ )/

本日も歯科に関する豆知識のご紹介♪



急ですが歯にまつわることわざって意外に多いですよね!

例えば、「歯が立たない」
「歯の浮くようなセリフ」
「歯切れが悪い」
「歯に衣(きぬ)着せぬ」
など、皆さんも普段日常で使いますよね?(・ω・)ノ

ところで、"漢字の成り立ち"は
何かの形や様子が原型になっていることが多いものです!


みなさんに問題です!
「歯」という漢字の成り立ちは次のうちどれでしょうか?

 ①米を食べる様子を表している

 ②口に中に並ぶ歯を表している

 ③人間の顔と口の形を表している





答えは。。


②(口の中に並ぶ歯を表している)なんです!

「歯」の旧字は「齒」と書きますが、
これはロの中に歯が並んでいる様子を表しています★

また、字の上にある「止」ですが、
昔の中国では歯を「シ」と発音していたため、「止(し)」という文字があてられたそうです。



わたしは1番だと思ったんですけどね\( ˙˙ )/笑


以上、Tでした♪


このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録

投稿者 医療法人社団誠悠会 東葉デンタルオフィス

カレンダー

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31