スタッフブログ

2017年3月 7日 火曜日

歯とガムについて。



また間が空いてしまいました。。
こんばんは。歯科衛生士のKです。


歯についての豆知識?みたいなものを
見つけたので紹介したいと思います!


「むし歯を防ぐガムの食べ方」です。

最近では、糖類を含まないガムが市販されるようになり、そのガムを噛むことで虫歯や歯周病の予防の助けになるとされています。

ガムを活用してお口の健康に役立ててみませしょう!



その1

糖類を含まないガムを選びましょう

成分分析表の糖類が0gのものがおススメです。

ガムの甘味料として含まれる糖アルコール(キシリトール、マルチトール、エリスリトールなど)、

パラチノース、アスパラテーム、ステビアなどは、虫歯の原因となる酸を作る力が極めて低いとされているものですが、 そのようなガムの中には、それらに加えて、酸を作りだす力がある糖類(砂糖、ブドウ糖、麦芽糖、水飴、果糖など)も入っている場合があります。

この場合は虫歯になりやすくなりますので、糖類を含まないガムを選ぶように注意しましょう。



その2

食事の後に5分以上ガムを噛み続けましょう

ガムを噛み続けることにより、唾液の量が増え、歯の浄化作用や再石灰化が期待できます。

食後にガムを噛んだ後は、歯についた汚れを丁寧に落とすようにブラッシングをしましょう。



ただ、ガムを噛むだけではお口の健康維持はできません。あくまで補助的な方法ですので、しっかりと丁寧なブラッシングを行い、歯科医院での歯科検診、定期的にプロフェッショナルケアを受けましょう!

参考までに



では、失礼します!




このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録

投稿者 医療法人社団誠悠会 東葉デンタルオフィス

カレンダー

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31