よくあるご質問

2017年6月19日 月曜日

《虫歯治療(CAD/CAM冠)のデメリット》

こんにちは
東葉デンタルオフィス 歯科衛生士のfです。

今回は、
保険適応になった
ハイブリッドセラミック(CAD/CAM冠)
のデメリットについて説明します。

・機械で読み取って自動的につくるので技工士さんが手作業で作製するよりも少し密着性に劣る。

・適応歯に制限がある。

・プラスチックが配合されているので
時間が経つと劣化してくる。
(色が変色する)

・歯ぎしり、食いしばりなどが強い方には
銀歯よりも強度が劣るので割れやすく不向き。

・プラスチックが配合されているので、
プラーク(口腔内細菌)が付着しやすい。

・保険適応なので、2年以内に割れてしまうと保険での作り直しが効かないので
全額負担になってしまう。

・連続冠、もしくは、連冠には適応外
強度がよわいので2本繋げて作ることが出来ません。


以上がCAD/CAM冠のデメリットです。

メリットよりデメリットのが多いですが、
これを理解した上で
しっかりしたメンテナンスや
歯ぎしり、食いしばり防止のマウスピースを
していただければ
できるだけ長く保つようになります♪*


保険の銀歯か
保険の白い歯(CAD/CAM冠)か
それとも、自費のセラミック冠か、

どれも利点欠点はありますので
迷った時はお気楽にご相談下さいね☆

では!



投稿者 医療法人社団誠悠会 東葉デンタルオフィス