よくあるご質問

2017年6月27日 火曜日

顎関節症の治療法

みなさんこんにちは!
東葉デンタルオフィス、スタッフTです(^_^)v


先日、記載させていただいた
顎関節症についての続きで
本日は顎関節症の治療法についてです!



顎関節症の治療法★

顎関節症の治療は、関節部分やその周囲に負担をかけないように、
お口の周りの機能や生活習慣などを改善していくことが症状の緩和や改善になります!
適切な治療法については症状に応じて異なります。
主に下記のような治療が行われます。


【スプリント療法】
歯型をとって、スプリント(マウスピースのような装置)を作製し、
上の歯に装着します。
※上の歯だけでなく下の歯にも装着する場合もあります。

装着することで、関節や筋肉の負担を軽減したり、
顎関節や周囲の組織が安定する位置へ誘導したりします。

【理学療法】
筋の訓練やマッサージなどを行い、
関節や筋肉の運動機能や能力の回復、痛みを緩和させます。

【行動療法】
歯ぎしりや、食いしばり、姿勢の悪さなどが関与していることもあるため、
その場合には生活指導を受けて改善を行います。
心理的な要因(例えば、強いストレスを感じたり、不安になったりすること)が強い場合には、
心療内科と連携して治療を行うこともあります。

【歯科治療】
歯が抜けたまま放置していると、
噛み合う歯や隣の歯が移動し、
歯並びや噛み合わせに悪影響を及ぼすことがあります。
また、親知らずの生え方に問題がある場合や、
噛み合わせに問題がある場合なども関与することがありますので、
それぞれ適切な治療を行います。

上記のような治療を行っても改善がみられない場合に、外科治療が行われることもあります!



顎関節症は、治療が長期に及ぶこともあります。。。
しかし、早期に治療を受ければ、
比較的短期間で治すこともできるといわれています!
疑わしき症状があれば放置せず、早めに受診しましょう(*^ω^*)



投稿者 医療法人社団誠悠会 東葉デンタルオフィス