よくあるご質問

2018年4月 5日 木曜日

予防歯科(キシリトールの効果とは?)

みなさんこんにちは!
東葉デンタルオフィス、Tです★

本日はキシリトールについてのお話です!


キシリトールとは
糖アルコールの一種で天然の代用甘味料です!

キシリトールの入りのガムなどはよく耳にしますが、
多くの野菜や果物にも入っているそうです!

特に多く含まれているのは、いちごやカリフラワー。

その他では、ほうれん草、玉ねぎ、ニンジンなど、それからレタスやバナナにも微量ですが含まれているとのこと!

知りませんでした;;

ガムやタブレットなどに用いられるキシリトールは
これらの野菜や果物から取れたものではなく、
白樺やとうもろこしの芯を加工して作られているものを使っているそうです!

キシリトールによる虫歯予防効果は
まず、虫歯の発生・進行を防ぎます!

正確には虫歯は、ミュータンス菌(虫歯の原因菌)が「酸」を作りだし、
それによって歯が溶け出すことを意味しています!
ミュータンス菌は、ショ糖(砂糖)を分解して「酸」を作り出しますが、
キシリトールを分解しても「酸」を作り出すことができないにも関わらず
ミュータンス菌はキシリトールを取り込もうとするそうで
次第に力が弱って菌の数自体が減っていきます!

キシリトールを1日3回で3カ月摂り続けると、
ミュータンス菌の増殖が抑えられると同時に、歯垢(プラーク)の量が減り、
サラサラになって歯面からはがれやすくなることも明らかになっているそうです!
同じ甘みを感じるのにこの効果は嬉しいですね★

もう一つの効果は唾液を増やす!

キシリトールの爽やかな甘みに刺激され、
唾液の分泌が促進されるそうです!
特にガムで摂取した場合は、咀嚼によっても刺激を受けます。
その結果、唾液の自浄作用が多く働いて口の中をキレイにしてくれるので、虫歯を予防できると考えられています。

唾液の分泌の役割は、基本的に口の中の乾燥を防ぐ役割をしています!
口の中が乾燥したら粘ついている
状態のとき、口の中の雑菌が繁殖しやすく、食べかすなどの糖をエサに虫歯菌も増殖します。
唾液は、そのような雑菌を洗い流し、口の中を湿らせることで、虫歯を予防する働きがあるのです★

また、唾液には虫歯菌が出す歯を溶かす酸を中和させる働きがあるだけでなく、殺菌効果も持ち合わせています!




いい効果は嬉しいですが
キシリトールを摂りすぎると
下痢を起こしたり、お腹にガスが溜まるそうなので
過剰な摂取は注意です!



以上、Tでした〜〜★

投稿者 医療法人社団誠悠会 東葉デンタルオフィス