スタッフブログ

2016年7月29日 金曜日

歯科に関する豆知識!歯が痛いときに。、

みなさんこんにちは\( ˙˙ )/
スタッフのTです!!

本日は歯科に関する豆知識をご紹介♪


歯が痛いときに。。
応急的に痛みをやわらげるツボがあるそうです!!


親指と人さし指をぴったりとくっつけて、
指と指の合わせ目にできる溝の
一番奥の筋肉が盛り上がっている頂点!
このツボを合谷(ごうこく)というそうです!

写真がありますので
是非ご参考に♡

痛いときに押してみてくださいねー♪

以上、Tでした♪


pic20160729020453_1.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録

投稿者 医療法人社団誠悠会 東葉デンタルオフィス | 記事URL

2016年7月23日 土曜日

昔の歯科治療は。。。

みなさんこんにちは★
スタッフのTです!!

昔の歯科治療は。。。。

昔は悲鳴を音楽で
かき消していたらしいのです!!

歯の治療時、今では麻酔を使うのは当たり前ですが、、、

実は昔、欧米では19世紀ごろまでは抜歯の時に麻酔を使うということはありませんでした(;゜0゜)

考えると恐ろしいのですね。。。
麻酔なしでペンチやクギ抜きのような道具で
歯を引き抜いていたのです・・・・・・笑

当然、あまりの痛みで患者さんは
悲鳴をあげますが、
その悲鳴を音楽を演奏してかき消していたそうです。。。(・_・;


今日の医療技術の進歩に感謝ですね!
今じゃ考えられない話ですね!


考えただけでゾッとしました()


以上、Tでした♪

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録

投稿者 医療法人社団誠悠会 東葉デンタルオフィス | 記事URL

2016年7月22日 金曜日

国際口腔インプラント学会



こんにちは
東葉デンタルオフィス
歯科衛生士のfです。


先日院長と衛生士のkと、
国際口腔インプラント学会に
参加してきました(o^^o)

私たちは長期症例のセミナーで
日本で初めてインプラントを取り入れた
医院のインプラントを導入した時から居る
衛生士さんのお話を聴きました。

今現在の最長の症例は32年前だそうです。
しっかりとしたインプラントの知識
全身疾患、生活環境、口腔状態を患者様
自身が把握し理解して
セルフケアとプロフェッショナルケアを
怠らずにする事により
インプラントは長く保ち
健康を手に入れられます。

32年前に埋入した患者様は今も健在で
90近い年齢でも、
食事は普通食でお肉も食べるそうです。


私はその話を聴き感動したと同時に、
もっと知識、技術を身につけて
患者様、一人一人に合った
適切なケアができるよう今まで以上に
歯科衛生士のスキルアップ向上に
力を入れていこうと思いました。(o^^o)


では!







pic20160722220829_1.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録

投稿者 医療法人社団誠悠会 東葉デンタルオフィス | 記事URL

2016年7月22日 金曜日

豆知識!世界で1番かかる人が多い病気。。。

みなさんこんにちは★
スタッフのTです!!

みなさんは世界で一番かかる人の多い
病気を知っていますか??



なんと「歯周病」なんです!



世界で一番患者が多い病気として、
ギネスブックにも載っているそうです\( Ö )/


日本では成人の80%がかかっています!!

また、歯周病は、歯を失う原因のNo,1です!

歯周病は本当に怖い病気です( _ )



歯周病を予防するためには検診を定期的に行い予防のためのクリーニングが効果的です!


みなさん気をつけましょう\( ˙˙ )/
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録

投稿者 医療法人社団誠悠会 東葉デンタルオフィス | 記事URL

2016年7月20日 水曜日

虫歯ってどこに出来るの?


こんばんは!
東葉デンタルオフィス
歯科衛生士のfです。


今日は虫歯の好発部位のお話をします。

大きく分けて3つあります。

1、小窩裂溝(しょうかれっこう)
臼歯部の咬合面(こうごうめん=かむ面)細かい凹みや溝

2、歯頚部(しけいぶ)
歯と歯ぐきの境目

3、隣接面(りんせつめん)
歯と歯の間、特に一番キツく接している所


この3つが虫歯の好発部位になります。


歯ブラシだけではお口の中の汚れは取れません。
糸ようじや歯間ブラシを
上手に使用する事により虫歯の発生を
抑制できます(o^^o)

うちでは、お口のクリーニングだけでなく
歯ブラシの当て方や補助清掃用具の使用法を
お話させて頂いてます。

3ヶ月に1回や半年に1回の
歯医者だけでのクリーニングでは
予防の限界があります。
正しい清掃方法を歯医者で学び
お家でのセルフケアで是非予防を!!!



では!








pic20160720221149_1.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録

投稿者 医療法人社団誠悠会 東葉デンタルオフィス | 記事URL

カレンダー

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31