よくあるご質問

2017年11月29日 水曜日

虫歯治療(型取り後の仮の蓋とは)

みなさんこんにちは!
東葉デンタルオフィス、スタッフのTです★


本日は前回までにお話した
型取り!後の、、、、
削った部分に詰める仮の蓋!についてです!


みなさんは型取り後に
銀の詰め物が出来上がるまでの間
仮の詰め物や仮の蓋と言われたことありませんか?

フィットシールというもので
蓋をしています!
物性的には、ゴムの様な感覚に近く
少し弾力性があります!
口の中につけた直後はシンナーのような刺激臭があり、
みなさん顔をシカメます(°_°)
この材料自体は、それこそ40年近く使われているそうで、
この刺激臭は何十年と変化がないとのことです。

口の中に入れた直後は柔らかく、
よく噛んでください。いろんな方向に下あごを噛みながら動かして下さい。
みたいなことを言われるのがほとんどだと思います!

ここでよく噛んでおかないと、仮の蓋が高くなってしまい、
麻酔が切れた後に食事をしてみると仮の蓋のところでばっかで当たってしまい、
痛みを感じることがあります。

そして食事はこの仮の蓋の部位では
あんまり積極的には噛まない方がいいです!!

この仮の蓋はやや柔らかい材料で出来ており、
食事の際に力がかかると周囲の歯が欠けたり、割れたり、
ヒビが入ってしまったりすることがあるので注意してください!!

粘着性のものに弱く、
ガムやキャラメルは特にお気をつけください!!
外れてしまうこともあり、外れてしまうと
削った面が露出してしみてしまったり
痛みを感じることがあります!

その時はおつけ直しをいたしますので
我慢せずにご連絡くださいませ★


以上Tでした!

投稿者 医療法人社団誠悠会 東葉デンタルオフィス | 記事URL

2017年11月28日 火曜日

虫歯治療(型取りする時の材質とは)



みなさんこんにちは!
東葉デンタルオフィスのTです!!

本日は型取りの先に使用している
材質についてのお話です★

虫歯を取り除いた後セメントを詰めて
次回型取りをしていきますね?と
言われたことはございませんか??

これは小さい銀歯や被せ物を作る際に
必要な工程となります\( ˙ ˙ )/


ピンク色の柔らかい素材で
ぐにゅっと、、、時間を置くと固まる。
ご経験はないでしょうか?

どんなものかきになりますよね??
それは、、、


○歯型をとる材料の種類

使用されている印象の種類は、材料によって次のように分類されています!

◎アルジネート(アルギン酸)印象材
一番よく使われている印象材です。ピンク色のものです!!
昆布などの海藻に含まれるアルギン酸が原料になっています!
粉と水を練り合わせて使います。
操作は簡単なのですが技術も必要で、水の分量を間違えてしまうと
流れやすいドロドロのペースト状になってしまいます。
主に単独で概形印象に使ったり、噛み合わせの歯型をとる時に使います!



◎寒天印象材
こちらも天草などに含まれている寒天が原料になっています!
常温では食べる寒天と同じで固まった状態なので、60℃程に温めて溶かした状態で使います。

単独では使わず、アルジネート印象材と併せて精密印象をとるのに使います。
型取りする際に最初に暖かくなるのは
寒天を流しているからです( ´•ω•` )

◎シリコン印象材
シリコンラバーが原料になっています!
シリコンはとても精度と安定性に優れているので、精密印象に使います。
操作性もよく喉に流れにくいのですが、非常に高価なため、自費の治療(セラミックの歯、金歯など)で使われております★


安全なものを使用しておりますのでご安心を!

嘔吐反射などある方は
型取りが苦手だと思います。
必ず申し出てくださいね!!

少しでも不快な治療にならないように
常に邁進、精進していきます\( ˙ ˙ )/


以上、Tでした♪

投稿者 医療法人社団誠悠会 東葉デンタルオフィス | 記事URL

2017年11月16日 木曜日

虫歯治療(抜髄が必要となる症状とは)

みなさんこんにちは!
東葉デンタルオフィス、スタッフTです!!

本日は引き続き神経を抜く治療の
抜髄についてです、、。
抜髄が必要となる症状は??

ズキズキと脈を打つように強く痛み、
場合によっては健康な反対側の歯が痛くなったり頭痛がしたりと、
痛む箇所がわからなくなります。

原因となる歯に触れると
飛び上がるほどの痛みがあります!

入浴・運動・夜間就寝時など、体温が上がると痛みが強くなるそうです。。。


痛み止めを飲むと少し痛みが和らぎますが
薬が切れてくるとまた痛み出します。

冷たい水を口に含むなど、
冷やすことで一時的に痛みが和らぐそうです!

このような症状を感じたことがある方、
今痛みを感じている方は
歯医者に行くことをおすすめします!
痛みが出てからは遅いです!!
定期的な健診や小さな虫歯でも
放置せず口腔内のケアを大事にしましょう★


以上、Tでした\( ˙ ˙ )/

投稿者 医療法人社団誠悠会 東葉デンタルオフィス | 記事URL

2017年11月 3日 金曜日

虫歯治療(抜髄とは)

みなさんこんにちは!
東葉デンタルオフィスのTです\( ˙ ˙ )/

本日は虫歯治療方法の
抜髄(ばつずい)についてのお話です!


○抜髄とは?

歯の神経(歯髄)を抜くことです!

「神経を抜きましょう」と歯医者さんに言われたら抜髄を行うということ!

しかし、神経を抜くという大事な治療にも関わらず、
その原因や治療法を正しく理解してから治療を受けられる患者さまは多くはないのではないでしょうか?

神経を抜くとはとても大事なことなんです!

そして抜髄治療をきちんとやらないと何度でも痛みや感染が再発し、
ひいてはその歯の寿命を大きく左右するのです。。。

他院で抜髄をはじめとする根管治療を行った後に、痛みがとれず最悪の場合、抜歯と判断されてから
「どうにかならないものか?」と悩んで来院される方が多くいらっしゃいます。。


ご自身の歯を長く守っていくためにも、
まずはしっかりと抜髄の原因や治療法を先生に確認してみるとよいでしょう!!



抜髄になってしまう歯痛の原因、「歯髄炎」!

歯髄(しずい)とは▼
一般的に「歯の神経」と言われる器官です。
歯髄は、神経線維と血管で出来ていて、歯に栄養や水分を供給しています。


○歯髄が炎症するのはどんなとき?

虫歯の原因細菌による歯髄への感染、
咬み合わせが高い被せ物、
知覚過敏などが原因で持続的に歯髄を刺激すると、
「歯髄炎(しずいえん)」と呼ばれる歯痛が起こります。


虫歯が奥深く進行すると、虫歯の原因菌が歯髄に感染して歯髄炎を引き起こします。

*虫歯の大きさより深さが問題になります。



○歯髄炎の対処

一度、歯髄炎になってしまった場合、たとえ薬などで一時的に痛みが和らいだとしても、
元の健康な歯髄に戻ることはありません!

このような場合は麻酔を行い、炎症を起こした歯髄を取り除かなければなりません!
炎症を起こした歯髄を取り除く治療を抜髄と呼びます。


なお、歯髄炎をそのまま放っておけば歯髄は壊死し、腐敗してしまいます!

痛みは我慢しては行けません!!
しみるなぁ。違和感があるなぁ。など
気になることがあれば是非受診を!


以上、Tでした!

投稿者 医療法人社団誠悠会 東葉デンタルオフィス | 記事URL