よくあるご質問

2018年2月23日 金曜日

根管治療(神経を抜くと変色する理由とは)


みなさんこんにちは!
東葉デンタルオフィスのTです★

本日は神経を抜いた歯が
なぜ黒ずんでしまうかのお話です!


神経が死んでしまった歯のことを
【失活歯】(しっかつし)といいます。


死んでいる歯(失活歯)では、
象牙質内の細管の中に入り込んでしまった物質が変色の原因です!

では、細管に物質が入り込む経緯は?
歯をぶつけたりすると、歯髄内で出血が起こります。
また、虫歯などにより歯髄内に細菌が入り込むと、
細菌をやっつけるためにリンパ球などの防御を働かせようとし、血流量が増加します。


歯の根の先の部分の歯髄は細く、その歯に〈流入する血液〉より〈流出する血液〉が少なくなると、
硬い象牙質で覆われている歯髄内の圧力は高くなり、やがて歯髄が死んでしまいます。


歯髄のお肉が壊れたものと血液中の鉄分が象牙細管に入り込み、
それが変性し色が黒くなっていきます!

神経の治療をしたときも同じように血液の成分などが細管内に入り込むことで変色していくそうです!

すこし難しいお話になってしまいました…。

小さい頃ぶつけてしまって前歯が
黒ずんでしまったなど、聞いたことございませんか?
上記の理由で黒ずんで行ってしまったんですね…。

前歯の神経を抜く際に
虫歯の範囲が狭く後ろから穴を開けて
根管治療を進めて行く場合も
黒ずんでしまいます。。。

この場合前歯で白くしたい場合は
インターナルブリーチ、または
白い被せ物などがあります!

前歯の黒ずみを気にされている方、悩まれている方
ぜひお話だけでも聞きにいらしてくださいね★

やはり神経を抜くというのは
手間も時間もかかりますしリスクの
大きさを改めて感じました。。。


以上、Tでした★



投稿者 医療法人社団誠悠会 東葉デンタルオフィス | 記事URL

2018年2月 7日 水曜日

根管治療(神経を抜いた歯が痛くなる理由とは)


みなさんこんにちは!
東葉デンタルオフィスのスタッフTです★

本日は根管治療を終え被せ物をした歯が
数年後再び痛みが!!なぜ!
というご経験ありませんか?

その理由をお話しします!

理由は薬を詰めた根の中に再び細菌が入ってしまうと歯を支えている周囲の組織に炎症を 起こすため、痛みが出てしまいます!!

体が疲れていたり、体調が悪いときは痛みや、腫れを 繰り返しやすくなるそうです。

このような場合は、再度根の中を掃除し、薬を詰めます!

ただ、違う原因で同じような症状が出ることもあるので、検査の上、診断、治療を行っていきます★

神経を抜くと痛みを感じないので
被せ物の中で虫歯が進行していることがわかりません…。

こ、怖いですね(*_*)

やはり治療後のメンテナンスで
しっかりと予防するということが大切です!


以上、Tでした!!

投稿者 医療法人社団誠悠会 東葉デンタルオフィス | 記事URL

2018年2月 4日 日曜日

根管治療(根管治療中の治療内容とは)

みなさんこんにちは!
東葉デンタルオフィスのスタッフTです★

本日も根管治療のお話!
根管治療中にピッピッと音のなる機械と
歯をガリガリしませんか??

それはなにをしているんだろう?と
疑問に思われたことございませんか?

根管治療中のそのご経験は…
リーマー、ファイルといったステンレスとチタン製の針のような特殊な歯科用器具を使って、歯の根っこ掃除をします!!

ピッピッと鳴る機械は根管長測定器(こんかんちょうそくていき)やメーターといい、治療の際に用いる測定装置です★

長さや太さを変えて回数を重ね根管の洗浄をしメーターなどを用いて長さを測りながら治療を行います!


治療の内容のご参考になりましたでしょうか??
なにか疑問点や、何かあれば
お気軽に聞いてくださいねっ★

以上、Tでした!

投稿者 医療法人社団誠悠会 東葉デンタルオフィス | 記事URL