喫煙者の方はご用心…タバコと歯周病の関係

喫煙者の方はご用心…タバコと歯周病の関係

タバコが人体に与える悪影響は、脳卒中や心筋梗塞、癌との因果関係は有名ですが、実は歯周病も喫煙の影響を大きく受ける病気の一つとして知られています。

歯周病とは、歯茎の炎症が進み、歯を支える骨が徐々に溶けていく病気です。悪化すると歯を失う原因となり、全身にも悪影響を及ぼしかねませんので、もしヘビースモーカーで「歯周病」との診断を受けたのなら、一刻も早く禁煙に取り組むことをおすすめします。

喫煙と歯周病の関係性

喫煙と歯周病の関係性

喫煙による歯周病には、「かかりやすい」「分かりにくい」「治りにくい」という特徴があります。

●かかりやすい

タバコに含まれるニコチンや煙成分の一酸化炭素は、血管の流れを悪くさせ、歯肉に必要な栄養分や酸素を行き渡りにくくします。その結果、歯周組織の抵抗が弱まって歯周病を招く細菌の感染が生じやすくなります。

また、タバコにはニコチン以外にも数千もの有害物質が含まれており、それらが唾液の分泌量を低下させたり、歯周ポケット内での細菌の付着・増殖を促進したりするため、歯周組織の破壊をより高めてしまう、と言われています。

●分かりにくい

喫煙によって歯肉が硬くなると、歯肉の出血や腫れが抑えられます。そのため、仮に歯周病の初期段階であったとしても本人は自覚症状がないまま、気づいたら発見が遅れて重症化していた…というケースも珍しくありません。

●治りにくい

発見が遅れるとその分細菌も繁殖して、歯周病が悪化しやすい状態へと変化してしいます。ニコチンは身体を守る免疫の機能をも低下させてしまうため、細菌に対する抵抗力が弱まる他、アレルギー反応も出やすくなるのです。さらに、歯肉を修復するために必要な線維芽細胞の働きが抑制されてしまい、治療を行ったとしても再生・修復を遅らせてしまいます。

喫煙者のリスクが非喫煙者の3倍以上

喫煙者のリスクが非喫煙者の3倍以上

喫煙者と非喫煙者とで歯周病の罹患率を比較した統計データからは、非喫煙者の罹患率が3~8倍も高く、中等度~重度の割合も多いという結果が出ました。

また、生涯に消費するタバコの本数と失われる歯槽骨の量は正比例しているという報告さえあり、喫煙は蓄積性かつ容量依存性で、歯周疾患のリスクファクターであることが証明されています。

船橋で歯周病治療のご相談なら、口コミで評判の東葉デンタルオフィスがおすすめです。

千葉県船橋市にて歯周病検査・治療・予防歯医者をお探しなら、ぜひ当院までお越し下さい。歯周病根絶はもちろん、口臭予防にも効果的なトータルケアを提供しています。

歯周病治療のお問合せやご予約はお気軽に。


船橋の歯科・歯医者なら【東葉デンタルオフィス】 / 千葉県船橋市 概要

名称医療法人社団誠悠会東葉デンタルオフィス
所在地〒273-0005 千葉県船橋市本町7-23-12 東海神駅前ビル1F
電話番号047-411-5075
FAX047-411-5260
URLhttp://www.toyodentaloffice.com
説明船橋の歯科・歯医者なら【東葉デンタルオフィス】。無痛麻酔を用いた治療を行っており、夜間も対応しておりますので、仕事帰りにも通える歯科をお探しなら当院をご利用ください。虫歯にならないように、予防歯科では指導や検診も行っております。インプラントうやホワイトニング、歯周病治療なども対応しておりますので、お気軽にご相談・ご予約ください。
日本
都道府県千葉県
市区町村船橋市本町

コラム

歯科・歯医者について、インプラント・矯正歯科などに関するコラムです。

 
HOME > 喫煙者の方はご用心…タバコと歯周病の関係