歯周病治療

歯周病
歯周病と全身疾患

 歯の周辺にたまった歯垢(プラーク)を主たる原因として、歯周組織に炎症を起こす疾患を総称して歯周病といいます。ただ、原因は歯垢のみというわけではなく、喫煙や歯並びの悪さ、詰め物やかぶせ物の不適合など、多くの要因が複合して発生します。
 歯周病にはさまざまな症状がありますが、そのなかで、歯肉炎と歯周炎は二大疾患といえます。前者は歯肉の部分に炎症が起こる病気、後者はさらにほかの歯周組織にまで炎症が広がっている病気をいいます。
 歯周病は、日本人の8割が罹患している疾患といわれ、最近では、口の中ばかりでなく、肺炎、心臓病、糖尿病、早産、骨粗しょう症など、全身の健康状態にまで深い影響力を持っていることがわかってきました。
 歯周病にならないための対策としては、プラークコントロール、正しい歯磨き、よく噛んで食べる、生活習慣の改善など、普段からの予防やメンテナンスを続けることが大切です。