HOME > 東葉デンタルオフィスが選ばれる理由

東葉デンタルオフィスが選ばれる理由

東葉デンタルオフィスが選ばれる理由

東葉デンタルオフィスが選ばれる理由

患者さまにできるだけ痛みや苦痛を与えない診療を心がけています。

・・・無針麻酔器、電動注射器を使った、ほぼ無痛の麻酔を開発しました。
  >> 東葉デンタルオフィスの限りなく無痛に近い三段階式麻酔

最新の医療機器を導入、患者さまに納得・安心していただける治療を行なっています。

・・・歯科用CT(コンピュータ断層撮影)を使った、見せる治療、見える治療が好評です。
  >>東葉デンタルオフィスの歯科用CT

BGMはジャズとクラシック、治療チェアはふかふかの安楽シート。気分的にもリラックスして治療が受けられるよう配慮いたしました。

・・・患者さまに笑顔でお帰りいただくことがスタッフ一同の願いです。

東葉デンタルオフィスの限りなく無痛に近い三段階式麻酔
東葉デンタルオフィスの限りなく無痛に近い三段階式麻酔

 できる限り痛みのない診療を心がける当院では、麻酔を無痛にて行なう三段階式麻酔を導入しています。
 三段階式麻酔とは、①表面麻酔塗布、②無針麻酔器の使用(針がない分、麻酔時の痛みを軽減します)、③電動注射器の使用(手よりも麻酔液を安定して注入できます)の三段階に分けて行なうもので、これによって、麻酔の痛みをほとんど抑えることができます。
 電動注射器を使っている医療機関は最近増えてきていますが、無針注射器は、まだあまり知られていないようです。まして、それら3つを段階的に組み合わせて、システマチックに無痛を目指す麻酔を行なっている例は、当院以外には見当たりません。というのも、それぞれの機器を買い揃えて使ってみても、それだけでは決して痛みはなくならないからです。無痛麻酔を実現するためには、注射器の当て方、入れる量、打つ場所といったノウハウも必要です。そういった意味で、この三段階式麻酔は東葉デンタルオフィスが開発したオリジナルの施術法といえます。

東葉デンタルオフィスの歯科用CT
東葉デンタルオフィスの歯科用CT

 歯科用CTは、最新のテクノロジーによるまったく新しい低被曝画像診断装置です。撮影時間が短いために低被曝、最先端の3D画像処理機能を備え、しかも超高解像度という性能と機能が実現。歯や骨の状態を、高精細な3D画像で立体的に見ることが可能になりました。単なる医科用CTの小型軽量タイプではありません。

 現在、当院が導入している“FineCube(ファインキューブ)”は、従来の機器よりも放射線量が低く、安全かつ的確に診断を行なえる最新鋭機器です。主にインプラントの診断に使用しますが、今までのレントゲン撮影ではわからなかった情報を迅速・正確に得ることができるため、難しい抜歯・歯周病・根管治療などにも活用しています。これによって治療のインフォームド・コンセントもさらに充実したものになり、患者さまとの信頼関係もより確かなものになりました。

痛くない歯科治療がおすすめの歯医者

船橋の東葉デンタルオフィスは無痛治療を心がけ診察しております。

歯医者は痛いとお考えの方は多くいらっしゃいますが、当院では痛くない治療・無痛治療を心がけ、患者さまにリラックスして治療を受けて頂けますよう配慮をいたしております。船橋で歯医者をお探しの方は口コミでも評判の当院へぜひお越しください。また当院では矯正歯科歯周病治療、インプラントなどにも対応しております。お気軽にご相談ください。