HOME > 審美歯科治療

白い詰め物・被せ物

ご自身の口元に自信が持てますか?
根管治療

保険診療での金属を詰める治療では、残念ながら見た目(審美性)が損なわれ、またアレルギーの問題も取り沙汰されています。
当院では患者様に見た目が良く、金属アレルギーの心配のないセラミックスを利用した治療を行っております。

セラミックスの中でも、白いダイアモンドと呼ばれる程、強度の高いジルコニアを使用することにより、歯の強度・審美性を最大限に引き出すことが出来ます。
また、歯を削る部分を最小限に抑えた強化審美プラスチックによる治療も行っております。

より精密な詰め物・被せ物をお作りするために

詰め物や被せ物を装着した時に、歯や歯茎との境目に隙間があると、そこに菌が入り込み、再度虫歯になってしまったり歯周病の温床になってしまったりすることになります。そういった隙間ができる原因のひとつは「歯茎の腫れ」です。

歯茎が腫れている状態で型を取ってしまうと、その状態に合った詰め物・被せ物が作られるため、後々、歯茎の腫れが治まると隙間が生じてしまうのです。

当院では、そういったことが起きないよう、クリーニングや歯磨き指導をしっかりと行い、歯茎を引き締めてから型取りをするようにしています。実際に、この方法で型を取った患者様の多くが、その後の良い状態が長続きする傾向にあります。

ダイレクトクラウンで、即日白い歯に
根管治療

これまでの詰め物や被せ物は、型を取って技工所に製作を依頼するため、何度かご来院頂く必要がありました。
そこで、近年新しく登場したのがダイレクトクラウンです。柔らかい素材でできた被せ物(クラウン)をその場で患者様の歯に装着し、光を当てることで硬化させるため、その日のうちに治療を終えることが可能になりました。

もちろん、「見た目」「耐久性」「噛み合わせ」などもしっかりとしており、現在、急速に人気が高まっています。
何回も治療に通うのは難しいという方や、今ある銀歯をすぐに白くしたいという方には、お勧めの治療方法です。
※初診時には検査が必要となり(保険診療)、その後のご予約時に処置をする形となります。

エンプレスダイレクトで、丈夫できれいな歯を
根管治療

虫歯治療の際には、コンポジットレジンと呼ばれる合成樹脂を詰めて固めることもありますが、従来のものは変色しやすく耐久性も高くないため、1年程度で取り替えなければならないような状態になることがよくありました。

エンプレスダイレクトは、同じように充填して固める樹脂ですが、天然歯のような光沢性を持ち、耐久性も大幅に高まっています。










当院で扱っている詰め物・被せ物の種類

種類写真特徴メリットデメリット審美性耐久性保証
オールセラミックス特徴
金属を一切使用せず、陶器のみで作られています。

メリット
・自然の歯に最も近い色合いを出せる。
・金属アレルギーの心配がない。
・変色しにくい。
・表面が滑沢なので汚れが付きにくい。

デメリット
・値段が高い。
☆☆☆☆☆☆☆永久
ハイブリッドセラミックス特徴
セラミックス素材とレジン(合成樹脂)の混合物です。

メリット
・自然の歯に近い色合いを出せる。
・金属アレルギーの心配がない。
・経済的な負担が抑えられる。

デメリット
・使っていくうちに変色することがある。
☆☆☆☆☆☆2年
メタルボンド特徴
内側に金属、外側にセラミック素材を使っています。

メリット
・自然の歯に近い色合いを出せる。
・耐久性がある。
・変色しにくい。
・セラミックは汚れが付きにくい。

デメリット
・金属アレルギーが出る可能性がある。
・歯の裏側に金属が見える。
・歯の根元が黒ずんでくることがある。
☆☆☆☆☆☆☆永久