HOME > 予防歯科治療

予防・メンテナンス

予防歯科
歯ブラシ指導

 日本人の80%以上の方がかかっているといわれる歯周病の原因には、ほかの病気との関連や遺伝性なども挙げられますが、基本的には感染症です。したがって、歯ブラシをしっかりすることでかなり予防していけることも事実です。それを踏まえ、当院では虫歯治療終了後にしっかりとした歯ブラシ指導を含むメンテナンスを行なっています。

フッ素塗布

 虫歯を抑制する効果のあるフッ素を歯に直接塗って、虫歯を防ぐ方法です。塗布の仕方には、塗布液を含ませた綿球で歯に塗る綿球法、液をしみこませた濾紙をトレー(マウスピース)に入れ、それをくわえて歯に塗るトレー法があります。
 子どもの歯は虫歯になりやすいので、このフッ素塗布は虫歯予防に役立ちますが、最近では大人でもフッ素塗布によって虫歯の予防効果があるとの報告もあります。ただし、一度フッ素塗布をしたらOKというわけではありません。数カ月おきに何度もフッ素塗布を繰り返すことで、虫歯予防効果はさらにアップします。

シーラント

 シーラントは、奥歯が噛み合わさる部分にプラスチックを埋め込んで、その部分の虫歯予防をする方法です。虫歯ができやすい時期・虫歯ができやすい場所に、まだ健康なうちに行なうのがいいとされています。そのため、一般的には子どもの第一大臼歯に施します。お子さまの虫歯が心配ということでしたら、ぜひ一度ご相談ください。

定期検診

 毎日歯磨きをしていても、必ず磨き残しが出てきます。それが蓄積し、そのまま放置しておくと、歯石の温床となり、次第に虫歯、歯周病へと発展していきます。それを防ぐためには、歯科医院での定期的な検診は必須です。
 まだ初期症状の虫歯を見つけ、それ以上進行しないように処置することはもちろん、こびりついた歯垢や歯石をこまめに落とすことで、歯の健康を保つことができます。当院では、できれば3カ月に一度は検診していただこうと、過去に診療を受けて治療を終えられた方に、DMハガキを送付して検診を呼びかけています。